スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資判断の実践ポイント >>財務内容を見るポイント

財務内容を見るポイント

財務内容とは、主に資産や負債などについての中身、つまり、企業のフトコロ具合がいいかどうかということです。

財務内容を見るポイントはいくつかあります。

まず、自己資本比率です。

これは総資本(自己資本+他人資本)に占める自己資本の割合(比率)を表しています。

会社が使っている資本(資金)のうち、返済する必要のない自己資本で賄っている部分がどれだけあるかを見ることによって、借金(他人資本)への依存度が高いか、低いかを見ます。

自己資本比率が高い会社ほど、借金への依存度が低いため、不況などに対する抵抗力も強く、経営が安定しているということができます。

スポンサードリンク



次の注目ポイントは剰余金です。

剰余金が多い会社は、経営が安定しています。

剰余金とは、法定準備金(資本準備金、利益準備金)や任意積立金、当期未処分利益などを合計したもので、企業が自由に使うことができる余裕資金のことです。

業績が不振でも配当を続けている会社があります。

そういう会社は豊富な剰余金を持っており、それを取り崩すことによって配当を続けているのです。

また、最近はキャッシュフローが注目されるようになっています。

キャッシュフローは現金収支のことで、現金収支がプラスの会社は資金繰りに行き詰まる可能性が少なく、マイナスの会社は表面的な業績は順調に黒字を続けていても、資金繰りが苦しくなり、黒字倒産に追い込まれる可能性があります。

有利子負債資産も注目しておきたいポイントの1つです。

有利子負債とは、利子をつけて返済しなければならない借入金、社債などのことです。

有利子負債の多い企業は金利負担が大きくなるため、不況に対する抵抗力が弱くなり、経営が不安定になりがちです。

ただし、有利子負債を大きく上回る資産を持っている会社は、資産を売却すれば、有利子負債を返済できるため、問題はありません。

資産と比べて、有利子負債が多い企業は要注意です。業績が悪化すると、倒産のリスクが高くなります。

金融収支は、お金の貸し借りなどによって得られる収入(受取利息、受取配当金など)と支出(支払利息、支払配当金など)の差額のことです。

借入金が増えれば金融収支はマイナスとなりやすく、余裕資金が増えるとプラスになる傾向があります。


スポンサードリンク


イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。