スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/97-98b359fc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資判断の実践ポイント >>企業業績を見るのに必要な用語入門

企業業績を見るのに必要な用語入門

企業業績を見るうえでとまどうのが用語です。
用語の意味がわからないと業績を読むことはできません。

次の用語ぐらいは頭の中に入れておきたいものです。

売上高は、モノを販売したり、サービスを提供したりして得たお金の総額です。

売上高から売上原価(仕入原価、製造原価)を差し引いたものが売上総利益
(粗利益)です。

この売上総利益から営業費用(販売費、一般管理費)を差し引いたものが
営業利益です。営業利益は、本業で稼いだ利益といわれています。

営業利益に営業外損益を加えたものが経常利益です。
営業外損益とは営業外収益(受取利息、受取配当金、有価証券売却益など)から、
営業外費用(支払利息、有価証券売却損など)を差し引いたものです。

経常利益は、その企業の総合力(営業力と財務力)を表す利益とされています。

スポンサードリンク


経常利益に特別損益を加えたものが税引前利益です。
税引前利益は税金を支払う前の利益です。また、特別損益とは本来の経営活動とは
関係のない、特殊な事情(工場火災、工場移転、土地の売却など)によって発生
した特別利益と特別損失のことです。

税引前利益から税金(法人税や法人住民税、法人事業税など)を差し引いたものが
税引後利益となります。当期利益、純利益、最終利益などとも呼ばれています。
税引後利益はいわば、その企業が自由に使えるお金のことです。

この税引後利益に前期繰越利益を加えたものから、配当や役員賞与、利益準備積立額
などを差し引いたものが、当期未処分利益となります。
未処分利益をどのように使うかは株主総会で決められます。

税引後利益を総発行株式数(発行済み株式数)で割って計算したものが1株当たり
利益です。1株当たり利益は、その会社の収益力を表しています。

配当額を総発行株式数で割って計算したのが、1株当たり配当です。

前期と比べて売上高が増えることを増収、純利益が増えることを増益、経常利益が
増えることを経常増益、配当が増えることを増配と呼んでいます。

逆に、前期と比べて売上高が減ることを減収、純利益が減ることを減益、経常利益が
減ることを経常減益、配当が減ることを減配といいます。また、配当金がゼロになる
ことを無配、ゼロから配当金が再び出るようになることを復配といいます。

株式投資をする際に高く評価されるのは増収増益会社、特に増益会社です。
増益率の高い会社ほど人気が高くなります。

いくら売上高が増えても、利益が増えない会社は、株式市場では評価されません。

一般的にいって、この1株当たり利益が増えれば増えるほど高収益会社と見なされ、
株価も高くなります。逆に、1株当たり利益が少なくなればなるほど低収益会社と
見なされ、株価は安くなります。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/97-98b359fc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。