FC2ブログ
スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/90-f076e4ac

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >仕組み預金 >>「仕組み預金」入門

「仕組み預金」入門

【どんな商品?】
仕組み預金は、デリバティブ(金融派生商品)を組み込んだ預金商品で、
一般的な定期預金よりも金利が高い反面、為替相場や金利の動向によって
途中で条件が変わる可能性があります。

為替相場次第で受取時の通過が変わる「二重通貨定期預金」や、金融機関の
判断で預入期間が延長・短縮される「満期特約付定期預金」などがあります。

【どこにメリット?】
一般的な定期預金よりも高金利です。

現在、金融機関の定期預金金利は期間5年で年0.3~0.45%が中心ですが、
仕組み預金では年1%以上の商品も珍しくありません。

二重通貨定期預金」の場合、受け取り通貨が外貨に変わっても、外貨預金
で必要な片道の為替手数料はかからない商品が多いようです。

スポンサードリンク


【何に注意?】
例えば、受け取り通貨が外貨に変わった時に円高が進んでいれば、円換算で
預入時よりも預金額が大幅に目減りするリスクがあります。

原則として預入期間中は解約できないため、やむを得ず解約する場合に精算金が
差し引かれて元本割れする可能性も否定できません。

しかも受け取り通貨が外貨に変われば、預金保険の対象外になります。

仕組みが複雑なため、一部の仕組み預金を巡って排除命令が出されるなど、
商品説明の強化が課題になっています。預金者が預入期間や受け取り通貨などを
決める権利を金融機関に売り、その権利分だけ金利が高いと考えると、少し
分かりやすいかもしれません。

金融危機が深刻化した昨年秋以降、安全資産として定期預金残高が増えています。
仕組み預金も「定期預金」と銘打っていますが、一般的な定期預金とは別の
商品と考え、余裕資金を預け入れる手段として考えた方がよさそうです。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/90-f076e4ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。