スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/86-9670c74d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資・資産運用ニュース >>外資系ファンド、日本撤退相次ぐ

外資系ファンド、日本撤退相次ぐ

金融危機の影響が日本で活動する外資系の企業買収ファンドに広がってきた。

2月の米系のサン・キャピタル・パートナーズの撤退に続き、香港に本部を置く
ユニタス・キャピタルが3月末に日本拠点を閉鎖。メリルリンチ日本証券も3月末に
日本の買収投資事業から撤退した。

2008年度はファンドによる日本企業の買収総額が前年度に比べて6割減った。
外資系ファンドの退潮で、日本企業に向かうリスクマネーが一段と細ることに
なりそうだ。

スポンサードリンク


日本で活動する買収ファンドは百社前後。うち外資系は20~30社とみられる。
1990年代末に第一陣が参入し、06年前後までには海外の主だったファンドが
ほぼ出そろった。

ただ日本のM&A(合併・買収)市場は欧米に比べ規模が小さい。金融危機を境に
銀行からの買収向け融資の調達が困難になり、年金などの投資家もファンドへの
新たな資金拠出を渋っている。実績の少ない外資系の中には、日本からの撤退を
選ぶファンドが出始めた。

英米調査会社のディール・ロジックによると、世界でファンドによる買収がM&A
全体に占める比率は08年度に4.6%と、07年度の12.7%から急低下した。
日本は3.6%と、世界の平均を下回っている。

ファンドの中でも外資系は資金量が大きく、企業再編では主要な買い手になってきた。
日本に見切りを付ける外資系ファンドが今後も増えれば、日本企業のM&Aが
停滞する要因になりそうだ。

(以上、4月11日付の日経新聞より一部抜粋しました)

その他にも、ファンドの売買が減少することで株式や債券などの売買が細るなど、
金融市場の動きが不安定になる可能性もあるので、投資家にとって注意が必要です。

尚、投資・資産運用はくれぐれも自己責任でお願いします。

★ファンドに関する記事です。
破綻REIT「ニューシティ」米ファンドが買収
不動産ファンド国内市場、初の縮小
金価格とヘッジファンド
ヘッジファンド清算急増!


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/86-9670c74d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。