FC2ブログ
スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/81-3802cd2f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金投資 >>投資マネー、貴金属へ!(日経・東工取商品指数)

投資マネー、貴金属へ!(日経・東工取商品指数)

国内の商品先物相場の動きを総合的に示す「日経・東工取商品指数」の算出が
一日、始まり、指数名称変更前の2008年11月上旬以来の高値水準にある
ようです。

日経新聞、4月2日の記事によると、
「景気後退で原油など工業品の需要は低迷しているが、昨年12月末を底に
貴金属や原油を中心に、低迷する株式市場から投資資金が流入する形で相場が
強含んでいる」模様。
スポンサードリンク


「一日の日経・東工取商品指数は209.13。前日比で0.81ポイント下げたが、
年初の186.15からは22.98ポイント(12.3%)高い。」

「指数上昇の先導役は貴金属。金、白金を中心に株式に代わる投資先としての
需要が増え、商社や個人投資家のマネーが流入した。最近の円安・ドル高も強材料。
原油も昨年末の底値からやや上げた。石油輸出国機構(OPEC)の減産効果が
出ており、アジアの供給過剰感が薄れてきた。中国の底堅い需要も相場を
支えている。」

「日経・東工取商品指数は6月から構成商品の配分比率を変更する。
主力の原油を29.52%から31.83%、金を23.51%から24.64%にするなど4商品で
引き上げる一方、ガソリンを18.94%から17.25%にするなど5商品で引き下げる。」

最近の株価上昇で、同指数やマネーの流れが今後どう変わるかわかりませんが、
景気の先行きが不透明で世界経済の実体を見てみても、このまま株価が上昇を
続けるとも思えないので、商品先物相場やそこに流れるマネーの動きにも注意する
必要があるようです。

尚、投資・資産運用はくれぐれも自己責任でお願いします。

★「金価格」についての記事です。
金価格を見るポイント
金価格と中国の政府系ファンド
金価格とカルパース
金価格とIMF
金価格とヘッジファンド


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/81-3802cd2f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。