FC2ブログ
スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/78-e77128a0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格 >>金価格とカルパース

金価格とカルパース

「金ETF最大手SPDRゴールドシェア―ズの残高が3月13日時点で1,056トンと
なり、世界第6位の金保有国であるスイスの残高を抜いた」という報道が世界に流れ、
「米金融危機で投資先の倒産リスクに警戒を強める米欧の年金基金が金ETFの購入
を増やしている」とコメントされました。

そこでにわかに注目されるのは米国最大の年金基金であるカルパース
(カリフォルニア州職員共済年金基金)が金を買うか否かということです。
世界の年金のオピニオンリーダー的存在の同基金もさすがにサブプライム禍の影響を
免れず、株債券の伝統的資産クラスで相当の損失を出してしまいました。
スポンサードリンク


そこで代替資産(オルタナティブ投資)の運用先の一選択肢として金が検討されても
全く不思議ではありません。
彼らは既にコモディティー(商品)セクターへのアロケーション(運用比率)を
3年計画で大幅に拡大することを理事会で決定しています。
これまではエネルギー及びエネルギー関連の割合が7割以上の商品インデックスへの
投資がほとんどでしたが、原油価格急落により天然資源、特に稀少資源としての金が
浮上する可能性は現実的と言えましょう。

さらに、金のセクターの中でもディレバレッジ(レバレッジを外す傾向)が顕著で
個人部門でも先物より金貨や金地金が選択される投資トレンドなので、
レバレッジがかからず金現物の裏付けのある金ETFの残高が急増しているわけです。
同じ金保有でも長期保有の年金にとっては上場された有価証券という形での
金現物保有がなじむのでしょう。

特に、リーダー格のカルパースがもし動けば他の年金は一斉にフォローするでしょう。
欧米でも日本でも年金業界は横並び意識が強いからです。

以上、ワールド ゴールド カウンシル発行の「金を通して世界を読む」から
一部抜粋しました。

利用者ご自身の判断と責任において利用してください。

★「金価格」についての記事です。
金価格を見るポイント
金価格と中国の政府系ファンド
金価格とIMF
金価格とヘッジファンド

★よく閲覧してもらっています!有難うございます。
ジパング株で金鉱株投資
「ジパング株」買っとく?
金関連銘柄の紹介
金鉱株で資産運用
超・投資勉強法
松藤民輔氏の講演会
金鉱山会社に投資するファンドが上位!
株の配当、受け取り方4つに


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/78-e77128a0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。