FC2ブログ
スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/65-89ed4caf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資・資産運用ニュース >>都心オフィス空室率からみる実体経済

都心オフィス空室率からみる実体経済

17日の東京株式市場は不動産のほか銀行や保険などの金融株を中心に
買いが膨らみ、日経平均株価は大幅に3日続伸しました。

終値は前日比244円98銭(3.18%)高の7949円13銭で、2月9日以来、
約1カ月ぶりの高値水準です。

日経平均は一時、7967円まで上昇し、心理的な節目の8000円台回復が
目前まできています。

このまま勢いがついて、市場に投資資金が戻ってきてくれれば安心
なんですが、そう簡単にはいかないかもしれません?
スポンサードリンク


今日、17日の日経新聞夕刊に
「東京都心部や大阪中心部の賃貸オフィスで、空室が一段と増加」
という記事がありました。

大手仲介業者二社がまとめた都心五区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)
の2月末の空室率は5%前後となり、前月比で大幅に上昇。
大阪中心部も7%台に達しているようです。

業績悪化でテナント企業はオフィスを縮小したり、賃料の割安な地域へ
移転したりする事例が増えているようで、オフィスビル市場では
空室率が5%を超えると「借り手優位」といわれることから、賃料の
下げ圧力がさらに強まりそうです。

個人消費の落ち込みはもちろん、この「都心オフィス空室率の上昇」
というニュースは、「世界的不況が実体経済に影響してくるのは、
これから」という印象を与えます。

投資・資産運用という点においては、最近の株価上昇の波に乗りたい
ところですが、じっくり構えてもいられないので、個人投資家に
とって、まだまだ厳しい局面が続きそうです。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/65-89ed4caf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。