スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/54-a46ab161

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金投資 >>金鉱株で資産運用

金鉱株で資産運用

「金鉱株で資産運用できるのか?」

金鉱株とは、主に金の採掘・精錬などを行う企業の株式をいいます。

そもそも「金」は金融恐慌時など、世界経済が混乱し、不況になると、
その威力を発揮します。

そして金価格が上昇すると、金現物より金鉱株はさらに
上昇率が高いようです。

金鉱株の値動きは、金価格との相関が非常に高く、
金価格よりもダイナミックな値動きをする傾向にあります。
スポンサードリンク


過去の実績によると、金価格は株式と同等レベルの価格変動リスクとなっていますが、
金鉱株は『ギアリング』効果が働くため、金価格よりも値動きが大きい資産と
いえます。

このことから金鉱株への投資を考える際は、他の資産とのバランスを考え、
適切な投資配分に留めることが重要です。

価格変動リスクは高いものの、株式や債券に対する分散効果が高いことから、
金鉱株はポートフォリオに加える意味のある資産といえるでしょう。

『ギアリング効果』
金鉱会社が金を採掘するコストは金の価格いかんに関わらず、ほぼ一定しています。
そのため、金の価格がその会社の採掘コスト以上になると、値上がり分はそっくり
金鉱会社の利益になるのです。
これをギアリング(梃の作用)効果といいますが、この収益構造を反映して株価は
金価格の上昇以上に値上がりする傾向があります。
ギアリング効果は金価格の上昇時のみならず、下落時にも該当します。

つまり、金鉱株投資は資産運用において、特に世界経済低迷時には
「リスク管理、リスク・コントロールに活用できる」と考えられます。

尚、投資・資産運用は自己責任でお願いします。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/54-a46ab161

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。