スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/41-8979316e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金投資 >>株式市場と金投資

株式市場と金投資

20日の東京株式市場で日経平均株価は反落!
終値は前日比141円27銭(1.87%)安の7416円38銭と、
昨年来安値を付けた10月27日の7162円以来となる約4カ月ぶりの安値水準。

東証株価指数(TOPIX)も反落。大引けは739.53と、
昨年10月27日の746.46を下回りバブル経済崩壊後の安値を更新。
1984年1月5日以来、25年ぶりの安値水準。
[以上、NIKKEI NETより]

株式市場の下げが止まりません。まさに悪循環!
落ち着くまで市場に参加する人達も限定的?

ドル円も94円台まできていますし、原油価格も持ち直してきています。
BDI(バルチック海運指数)も再び2000を超えてきました。

スポンサードリンク


各種、指数・指標もすべて悪いという訳ではないので
いつ上昇してもおかしくないと思うんですが、ここまでくると
理屈じゃないので、今は「待つ」しかありません。

「歴史は繰り返す」とよく言われますが、投資・資産運用の世界でも
急激に動いた後は、その反発も急激なので注意が必要です。

最近では原油価格が過熱ぎみに上昇した後暴落しましたが、
現在は「金」に投資が集中し過熱ぎみです。

金上昇の中長期トレンドは変わらないと思いますが、
短期的・急激な上昇には警戒が必要かもしれません?

短期の急激な変動は、短期間で利益をあげようとする投資家が
多く関わっていると考えられるからです。

中長期での投資を考えている投資家には、急激な上昇後の暴落を待ち、
狙っている人達も多くいると思われます。

いずれにしろ、「金」は、株式市場との関係でも
これからの投資・資産運用を考える上でも
重要になってくるのは間違いないようです。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/41-8979316e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。