スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >経済ニュース >>とうとう米国債が!

とうとう米国債が!

米国債の格付け見通しをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がとうとう引き下げました。

<格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、米国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。議会が財政赤字削減策で合意にこぎつけられない恐れがあることが理由としている。

S&Pは米国の格付けを最高位の「AAA」に維持したものの、米当局は長期的な財政圧力への対処法をいまだに明らかにしていないと指摘。今回の格付け見通しの引き下げは、今後2年以内に米国の長期格付けを引き下げる可能性が3分の1あることを示しているとした。

スポンサードリンク


S&Pは声明で「われわれの見方では、AAA格付けを得ている他の国と比較して米国は非常に多額の財政赤字を抱えており、政府負債は増加している。これらの対処法の道筋が明らかにされていないため、長期格付け見通しを『安定的』から『ネガティブ』に引き下げた」と説明した。 

2007─09年の金融危機を受け、米国の公的債務の国内総生産(GDP)に対する比率は60%を上回る水準に膨れ上がっている。財政赤字は1兆ドルを超える見通しで、今後さらに膨らむと予想されている。

S&Pの格付け見通し引き下げについて米財務省高官は、S&Pは米国の政治家の財政問題への対処力を過小評価しているとの見方を示した。

S&Pの発表を受け、米国債価格は下落している。(ニューヨーク 18日 ロイター)>

いよいよ現実から目を背けていられなくなってきた、ということなんでしょうか?

米国だけでなく、ギリシャを筆頭に欧米諸国も財政赤字は非常に膨らんできており、世界経済は今後ますます不透明で危機的な状況が続くのかもしれません。


スポンサードリンク


イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。