FC2ブログ
スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/129-5b066ede

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資入門 >>株式累積投資(るいとう)のメリットと注意点

株式累積投資(るいとう)のメリットと注意点

株式累積投資(るいとう)は、あらかじめ決めた株式に、毎月一定額ずつ投資する商品です。

資金いっぱいの「お金持ち」なら欲しい株式をバーンと買ってしまえばいいのかもしれませんが、乏しい手許資金の場合、何とかお金をやりくりして徐々に資産運用するか、一発逆転を狙っていくしかありません。

そんな時もし、あらかじめ決めた株式があるなら、株式累積投資(るいとう)を活用してみてもいいかもしれません。

購入額は1銘柄あたり1カ月に1万円以上100万円未満、1000円単位で設定できる場合が多いようです。

単元株(銘柄ごとに決められた最低売買単位の株数)より少ない株数からでも投資できます。

投資を始めたばかりで元手が少ない個人でも手軽に分散投資できる商品として、多くの証券会社が扱っています。

スポンサードリンク


<メリット>
手許資金が少ない人でも、株価水準が高い値がさ株や単元株数の多い銘柄に投資できる利点があります。

また、単元株で購入する場合と比べて、1株当たりの平均購入単価を安く抑えられる可能性があります。毎月の投資額が一定なら、株価が下がるほど購入できる株数は増え、反対に値上がりするほど減るためです。

<注意点>
売買できる銘柄は証券会社が選ぶので、利用する証券会社によっては希望する銘柄を株式累積投資(るいとう)では購入できない場合があります。上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)を買える証券会社もあります。

買い続けた株式が単元株数に達するまでは、議決権の行使や株主優待の受け取りといった一般的な株主としての権利は受けられません。

保有株数に応じて配当は受け取れますが、自動的に再投資に回される仕組みなので、自由には使えない点にも注意が必要です。

購入資金は現金のほか、MMF(マネー・マネージメント・ファンド)やMRF(マネー・リザーブ・ファンド)の口座からの自動振り替えや、銀行口座からの自動引き落としなどが利用できます。

買い付けた銘柄の売却は毎営業日、受け付けてもらえます。

あらかじめ決めている株式(投資対象)がある人は、毎月一定額を自動的に投資でき、そこから得た配当も再投資されるという仕組み(システム)を自分自身で作り上げておく、というのが一番重要かもしれません。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/129-5b066ede

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。