FC2ブログ
スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/118-a8d931c2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >個人向け社債情報 >>「個人向け社債」VS「個人向け国債」

「個人向け社債」VS「個人向け国債」

金融危機による信用不安の後退や長引く超低金利を背景に、「個人向け社債」の発行が急増し、年間発行額で「個人向け国債」を初めて上回っています。

現在の金利状況を考えると、何かわかる気がします!

<企業が個人投資家を対象に発行する普通社債が急増している。1~10月の発行額は約1兆7000億円と過去最高だった昨年の年間実績を33%上回った。企業が倒産すれば元本が戻ってこない危険性があるが、利回りが高く、個人が購入意欲を強めている。信用不安の後退で個人マネーがリスクのある運用先に流れ始めており、年間発行額は「個人向け国債」を初めて上回る。

社債は通常は最低購入単位が1億円程度で機関投資家向けに販売するが、個人向けは100万円程度と少額にしている。期間2~3年で利回りが最大で年5%程度と銀行預金や国債に比べ高い。金融危機が一段落し企業の信用力への不安が和らぐにつれて、「比較的安全だが国債などに比べて有利」と考える個人のマネーが流入した。

一方、個人向け国債は販売単位が1万円で対象を個人に限定。通常、1、4、7、10月の年4回発行される。今年最後となった10月分の発行額は約3100億円と、過去最高だった2005年4月から9割近く減少。年間では約1兆6000億円と03年の発行開始以降で最低となった。市場金利の低下で利回りは1%を切っており、個人の買い意欲は低調だ。(11月5日付日本経済新聞から一部抜粋)>

スポンサードリンク


利回りが1%を切ってくると、国債といっても金利はごく僅か。「大金持ち」ならそこそこ利息があるのかもしれませんが、普通のサラリーマンが下がり続けるボーナスで購入するくらいでは、その利息で何もできません。

それなら、「少しくらいリスクがあっても社債を購入する方がマシ!」と考えるのも無理はありません。

しかし、現在の微妙な市場状態をみると、「今後は株式市場より社債市場が大変なことになって債券市場は混乱しそう」という見方もあるので、今後も企業が社債を発行し続けるのか、というより発行できるのか、これまた微妙な感じがします。

社債購入に際しては、利回りもそうですが、「発行企業の格付け」と共に「満期までの期間」についても特に注意する必要がありそうです。

尚、投資・資産運用については、くれぐれも自己責任でお願いします。

★オススメ!
第12回「SBI債」が販売開始!
オススメ投資セミナー「お金の教養講座」
「住信SBIネット銀行」(おすすめ!ネット専業銀行)
株式累積投資(るいとう)のメリットと注意点
ソフトバンク、個人向け社債を再び発行 
欧州で「太陽電池バブル」崩壊
10万円から購入可能な『SBI債 1.90%(年率)』好評発売中!
個人向け社債の発行が急増!
第6回、SBI債の募集開始!


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/118-a8d931c2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。