スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/111-0952b7eb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >個人向け社債情報 >>ソフトバンク、個人向け社債を再び発行

ソフトバンク、個人向け社債を再び発行

このところ、企業の資金調達が問題になっていますが、増資と共に個人投資家向けに社債を発行する企業が増えています。

株価や株主にどんな影響があるのか?注意する必要がありそうですね。

ソフトバンクは9月に個人投資家向けに社債を600億円程度発行する見通しだ。個人向けの起債は6月に次いで今年2回目となる。根強い需要から前回より有利な発行条件で資金調達する。

今回発行する社債の年限は3年で、表面利率は4.5%前後の見通し。払い込みは9月中旬となりそう。

主幹事はみずほ証券や大和証券SMBC、野村証券など計5社。
スポンサードリンク


前回の起債は600億円の2年物で表面利率は5.1%。今回は年限が1年長く、表面利率も約0.6%低いが、個人にとっては依然高水準。同社からみれば資金調達コストが下がる。過去の起債の償還に充てるとともに、有利子負債に占める銀行借入比率を下げる狙いもありそうだ。

ソフトバンクの長期債格付けはトリプルB(日本格付研究所)。金融危機の影響で6月の起債まで2年間、社債市場での調達ができなかった。低格付け債の起債環境は依然厳しいが、安定収入が見込める通信事業の特殊性から同社の社債への需要は比較的高い。

7月に機関投資家向けの社債も300億円発行している。(8月27日付日本経済新聞夕刊より)>

昨年秋の金融危機をきっかけに、「個人マネー」の一部が企業の資金調達の一角である社債に流れています。

ただ、社債は発行企業が破綻すると全額の返還が保証されず、発行企業の破綻リスクがあるので、「発行企業の格付け」と共に「満期までの期間」についても注意して検討することが必要です。

★関連記事です!
「個人向け社債」VS「個人向け国債」
10万円から購入可能な『SBI債 1.90%(年率)』好評発売中!
個人向け社債の発行が急増!
第6回、SBI債の募集開始!
完売間近!SBI債


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newswatchstyle.blog54.fc2.com/tb.php/111-0952b7eb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。