スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格

金価格、景気不透明感でもみ合い相場

貴金属の金はもみ合いが続いている。投資家の間で景気の先行きについて楽観論と悲観論が日々、交錯しているからだ。需給面でも、欧米の機関投資家を中心に金への投資が堅調な一方、インドなど新興国の実需は低調だ。強弱の両材料が綱引きをする状態。相場は方向感を欠く展開となっている。国際価格の指標となるニューヨーク先物(期近)は今月上旬以降、1トロイオンス800ドル台後半でのレンジ相場が続いた。しかし、23日に約...
→ 金価格、景気不透明感でもみ合い相場の続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格

金価格とヘッジファンド

<金価格の急騰には、必ずと言ってもいいほどヘッジファンドの投機的買いが絡んでいるのですが、急落を誘発するのも決まって「ヘッジファンドの売り」なのです。株安の損失を埋めるために利の乗った金の買いポジションを売り手じまいするという換金売り、或いは、決算対策売りは金市場急騰時にはおきまりの展開なのです。特に5月、11月というヘッジファンド決算期が集中する時期には必ずと言っていいほど金価格は下がっています...
→ 金価格とヘッジファンドの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格

金価格とIMF

3月14日ロンドンで開催されたG20会議に向けて、ガイトナー米財務長官は各国の積極的景気浮揚を訴えると同時にIMFを通じての金融危機救済策を論じました。その一策としてIMFが保有する金を売却し救済資金に充当する案も提示されたのです。実はこれはIMFにとって既定路線ではありました。IMFは3000トン以上という米国、ドイツに次ぐ量の金を保有する公的機関です。そこで、その一部=400トンを2年間にわたって入...
→ 金価格とIMFの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格

金価格とカルパース

「金ETF最大手SPDRゴールドシェア―ズの残高が3月13日時点で1,056トンとなり、世界第6位の金保有国であるスイスの残高を抜いた」という報道が世界に流れ、「米金融危機で投資先の倒産リスクに警戒を強める米欧の年金基金が金ETFの購入を増やしている」とコメントされました。そこでにわかに注目されるのは米国最大の年金基金であるカルパース(カリフォルニア州職員共済年金基金)が金を買うか否かということです。世...
→ 金価格とカルパースの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格

金価格と中国の政府系ファンド

今や、中国の外貨準備は2兆ドル近くまで膨れ上がり、その7割近くが米ドルと言われます。しかも、その内訳は赤字国米国の借金の証文と言える米国債が突出しています。そこで、彼らは外貨準備の分散化を図り、まずユーロにシフトを始めました。ところがその途端にサブプライムがEU圏に飛び火してユーロは急落。かといって、第三の国際通貨として「円」の保有など意地でも出来るはずもありません。そこで「無国籍通貨」としての金...
→ 金価格と中国の政府系ファンドの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >金価格

金価格を見るポイント

金価格を見るポイントとして次のようなものが挙げられていました。ワールド ゴールド カウンシル発行の「金を通して世界を読む」から一部抜粋です。1.中国の政府系ファンドは金を買うか 2.カルパースは金を買うか 3.IMFは金を売るか 4.ヘッジファンドは金を売るか 今年2月に金価格が再び1000ドルをつけた過程ではロンドン市場で定期的に大量の買いが見られ、そこに中国の影がチラつくと見るアナリストも居るとのこと・・...
→ 金価格を見るポイントの続きはこちら

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。