スポンサードリンク


ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資判断の実践ポイント

財務内容を見るポイント

財務内容とは、主に資産や負債などについての中身、つまり、企業のフトコロ具合がいいかどうかということです。財務内容を見るポイントはいくつかあります。まず、自己資本比率です。これは総資本(自己資本+他人資本)に占める自己資本の割合(比率)を表しています。会社が使っている資本(資金)のうち、返済する必要のない自己資本で賄っている部分がどれだけあるかを見ることによって、借金(他人資本)への依存度が高いか、...
→ 財務内容を見るポイントの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資判断の実践ポイント

企業業績を見るのに必要な用語入門

企業業績を見るうえでとまどうのが用語です。用語の意味がわからないと業績を読むことはできません。次の用語ぐらいは頭の中に入れておきたいものです。売上高は、モノを販売したり、サービスを提供したりして得たお金の総額です。売上高から売上原価(仕入原価、製造原価)を差し引いたものが売上総利益(粗利益)です。この売上総利益から営業費用(販売費、一般管理費)を差し引いたものが営業利益です。営業利益は、本業で稼い...
→ 企業業績を見るのに必要な用語入門の続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資判断の実践ポイント

企業業績を見るポイント

個別企業の株価に最も大きな影響を与えるのは、その企業の業績と財務内容です。企業業績を見る場合、いくつかのポイントがあります。まず、最も注意をしなければならないのは、今期と来期の業績予想に注目することです。ちなみに、今期とは現在進行中の事業年度の業績のことで、予想という形で業績見通しを企業が発表します。今期の前の決算期を前期といい、今期の次の決算期を来期といいます。前期までの業績はすべて現在の株価に...
→ 企業業績を見るポイントの続きはこちら
ネット投資・資産運用スタイルサイトトップ >投資判断の実践ポイント

企業業績や金利と「株価」の関係

株価は企業業績と金利の影響を強く受けます。この3つの関係は次のような算式で表すことができます。「株価=企業業績÷金利」その意味するところは、「金利に変化がなければ、企業業績(利益)がよくなれば株価は上昇し、企業業績が悪化すれば株価は値下がりする」「企業業績が同じであれば、金利が上昇すれば株価は下落し、金利が低下すれば株価は上昇する」ということです。このように株価は企業業績と金利によって決まる、とい...
→ 企業業績や金利と「株価」の関係の続きはこちら

イチオシ!ネット銀行

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。